grammarly(グラマリー)とは?無料で使えるオンライン英文校正アプリが便利!

grammarly(グラマリー)とは?無料で使えるオンライン英文校正アプリが便利!

英文校正アプリのgrammarly(グラマリー)は、自分で書いた英語の文章を校正してくれる便利な、無料で使えるアプリです。

海外に暮らし始めてから、かれこれ4年以上は使っています。結論から言うと、grammarly(グラマリー)のない生活はもはや考えられません……!!


Correct all grammar errors with Grammarly!

英語を勉強している人や、英語でのメールのやり取りが多い人などは、grammarly(グラマリー)をインストールしておいて損はないと思います。

英語話者の友人に校正をお願いする手間が省けたり、文法や単語を毎回調べる手間が省けるんですよ。もちろん、人の手で直接校正するのとでは、クオリティが大きく異なりますけどね。

本記事では、英語学習者からの評判も上々な、grammarly(グラマリー)の無料で使える機能などを紹介していきましょう。

英文校正が簡単にできるgrammarly(グラマリー)とは?

grammarly(グラマリー)は、人工知能や自然言語処理(NLP)、機械学習やディープラーニングといった最新のテクノロジー駆使した、文法チェック用アプリです。

10年以上前の2009年にサンフランシスコで誕生します。上記のテクノロジーを駆使しているため、使用者が増えるとともに年々機能が向上し、現在に至ります。

英語圏ではプロのライターも利用しているくらい、評判が良くて精度も高いアプリですよ。

そんなgrammarly(グラマリー)は無料版と有料版があります。

私は英語でブログを書いていたことがあったので、その時期に有料版を使っていました。カレッジでレポートを書く必要があった時期も使っていましたね。現在は無料版にしています。

というのも、今は英語で長い文章を書くことがあまりなく、英語のメールのやりとりがメインなので、無料版で十分だというのが理由です。

今後また学校に通い始めたり、英語で長い文章を書く機会が増えたら、その時はまた有料版に戻す予定です!

無料版grammarly(グラマリー)で使える3つの機能

grammarly(グラマリー)の無料版では、以下の機能を使うことができます。

1. 文法の確認
2. スペルチェック
3. 文章の簡潔さの確認

各機能を詳しくみていきましょう。

1. 文法の確認

文法の確認はgrammarly(グラマリー)の代表的な機能です。文法って、例え英語圏のプロのライターでも間違えたりするんですよね。

だからgrammarly(グラマリー)という便利なツールが評判を得ているのだと思います。プロのライターが世に出す文章に、文法ミスがあったら突っ込まれますからね。

そんなgrammarly(グラマリー)の文法確認機能は、英語学習者の私たちにとって、非常に便利で親切な機能ですよ。

例えば、以下のような感じで直してくれます。

I must spend a couple weeks.

I must spend couple of weeks.

「2週間」を表すのに「a couple weeks」は文法的に間違っているので、「couple of weeks」と正しい文法に直してくれます。

Please notify mike or myself.

Please notify mike or me.

「マイクか私に」と言うのに「mike or myself」は文法的に誤りなので、「mike or me」と正してくれます。

2. スペルチェック

スペルチェックもgrammarly(グラマリー)の代表的な機能で、精度も高いです。英文のメールを書く際には、かなり助けられています。

書いた文章にスペルミスがあれば、正しいスペルを表示してくれるんです。例えば以下のようにスペルミスをしたら……。

Why is he so confidant?

Why is he so confident?

このようにスペルミスを見つけて、速やかに直してくれるんです。

この機能は、英語学習者がスペルを覚えるのにも役立ちます。

と言うのも、私が英語でビジネスメールを書き始めた頃に、本文の最後に書く結びの言葉、「Sincerely」を何度書いても間違ってしまっていました!

「Sinselery」だったり「Sinceliry」 だったり(笑)。

その都度grammarly(グラマリー)がスペルミスを見つけて正してくれたので、最終的に覚えることができたわけです。

3. 文章の簡潔さの確認

3の文章の簡潔さは、英語では「Conciseness(コンシャスネス)」と言い、英文を書く際に重視される点です。

くどい文章、英語で言うと「Wordy(ワーディ)」な文章って、日本語でも読みにくいですよね。それは英語でも同じです。

こちらはgrammarly(グラマリー)のブログから引用した、「Wordy(ワーディ)」な文章と「Conciseness(コンシャスネス)」な文章の違いです。

Wordy(くどい文章): In my opinion, I think that’s a problem. (私の意見としては、私はそれは問題だと思う)

Concise(簡潔な文章): In my opinion, that’s a problem. (私の意見として、それは問題だ。)

Wordy(くどい文章): The course had several necessary requirements. (そのコースはいくつかの無くてはならない必要条件があった)

Concise(簡潔な文章): The course had several requirements. (そのコースは必要条件があった)

このように、Wordy(回りくどい)な表現を、Conciseness(簡潔)に変えてくれるんです。

grammarly(グラマリー)の有料版の機能と価格

無料版でも十分に機能を果たしてくれますが、有料版は本気で英語を勉強している人や、仕事で英語を使っている人、英語のレポートを書く必要がある学生などにおすすめします。

有料版にすると、できることが一気に増えますよ。使用できる機能は7つ。

1. 文法の確認
2. スペルチェック
3. 簡潔さの確認
4. 読みやすさ
5. 語彙の充実さ
6. 文章の形式
7. コピペチェック

無料版で使える3つの機能に、4つが加わります。
有料版の料金は、3パターンの支払方法があります。

月額:$29.95
3ヶ月契約:$59.95(1ヶ月あたり$19.98
1年契約:$139.95(1ヶ月あたり$11.66

長期で使いたい!という方は、1年契約が断然お得ですね。月額で支払うよりも、約40%も割引になります。

英語学習を充実させるツールとして、年間$139.95の投資は悪くないんじゃないかなぁ、と思います。

まとめ

grammarly(グラマリー)はオンラインで使用できる英語校正ツールとしてはかなり実用的。無料版を使用するだけでも、英語学習や英文メールを書く作業を捗らせてくれますよ!

自分が頻繁に間違えるスペルが分かったり、文法も意外なミスが見つかったりするので、英語学習者の皆さんはぜひ使用してみてくださいね!


Correct all grammar errors with Grammarly!